告知義務違反とは?

女性医療保険の資料を各社一括無料請求

女性医療保険イメージ

告知義務とは、医療保険を契約する時に、保険の条件を決めるための重要な事実を保険会社に申告する義務のことで、保険料が高く設定されたり、支払条件を不利にされたくないために既往症(自覚症状も含む)に関して嘘をついたり、隠したりすると告知義務違反として問われます。
告知義務違反となると、生命保険会社は保険契約を解除することができ保険金が支払われないばかりか払い込んだ保険料は戻ってきません。
告知の方法ですが、告知書に記載する場合と生命保険会社から派遣及び指定された診査医扱いによる場合があり、どちらの方法で告知を求めるかは保険金額により生命保険会社の方で決められています。
健康状態を意図的に虚偽の申告や隠蔽をしなくても、会社の健康診断で注意されたことや入院までしなくても、医者に掛かったことを忘れていてついうっかり告知しなかったとしても、後で問題になる場合がありますので注意が必要です。それを考えると、診査医扱いの方が後々問題になることが少ないです。
また、生命保険営業員が自分の成績を優先し、被保険者の健康状態を実際よりも良く申告するように誘導するような事があっても会社の責任までは追及出来ず、泣き寝入りになることもありますので気をつけてください。
告知義務違反があった場合でも他の原因で、保険金支払い事由が発生した場合であれば保険会社は保険金の支払責任を免れません。保険金は払われますが、保険契約は解除の扱いとなります。
保険の開始日より2年経てば告知義務違反で生命保険契約を解除することができないと約款に記載されている場合でも、 告知義務違反の程度が悪質な場合(詐欺等)には、保険金が支払われないことがあります。
告知義務違反に関しては、いろいろ問題がありますが、そもそも医療保険に入る事は安心を手に入れる事が目的のはずですよね。人道的にみてもうそや隠し事はやめて正しい申告をすることが、一番の安心ではありませんか?


管理人オススメの女性医療保険サイト

 病気になった時にお金が無くて十分な治療を受けられないなんて悲しすぎます。万が一病気になった時に、あんしんして治療をうける為の費用を確保することはとても大切なことです。
 以前の生命保険は、各社横並びで同じような商品でしたので、保険商品選びというよりは、保険会社選びという感じでしたが、法律が変わって損害保険会社や外資系生命保険会社も多数参入し個性的な特徴のある保険商品があふれています。
 いろいろな保険の資料を取り寄せて自分で比較検討して選びたい人は、こちらのインターネット代理店の保険市場のサイトがオススメです。人気ランキング一覧や比較検討ができ、自分の欲しい資料を選んで一括請求できる、便利なサイトです。
 開いた画面中央部の「女性保険」のボタンをクリックして資料請求に進んでください。

女性医療保険の資料を各社一括無料請求

 逆に生命保険の種類が多すぎて何がなんだかわからない?でも失敗したくない。やっぱりスペシャリストの意見を聞きたい。そんなアナタには!
 特定の生命保険会社に属していないファイナンシャルプランナーが無料で相談に乗ってくれるので、1社の生命保険商品に偏ることなく、公正・中立な立場で、広く保険商品やライフプランを提案してもらえます。
 あとで何度も電話が掛かってきたり、しつこく営業されるのはいやだけど、専門的な知識が無いので相談にのってもらいながら決めたいという方はこちらの生命保険契約ナビのサイトがオススメです。

全国無料相談申込み




女性医療保険選びトップ